ー和室や畳の部屋のデザインー

家を新築する際に、和室を作るか作らないかで迷われることがあるかもしれません。

家族の人数やライフスタイルによって、和室の用途はさまざまです。3帖程度の広さでも、多目的に使う事ができます。 
 和室は畳の色合いや柄の組み合わせで、他の部屋と同様に軽快・重厚・アジアンなどいろいろな雰囲気にすることができます。縁無し半畳の「通称:琉球畳」を用いると、軽快でモダンな雰囲気の和室になります。


ーリビングとつながる和室ー

引き戸をあけるとリビングとつながるモダンな和室です。家族のくつろぎの部屋としてだけでなく、来客の応接や宿泊などフレキシブルに使えます。

s-DSC_00681
倉敷市福井 Y様邸 ー隠れ家的な書斎がある家ー

039_IMG_0147_600
倉敷市中島 Y様邸 ー広々LDKと収納力の家ー

018_DSC_0183
倉敷市 F様邸 ーリビングと和室が一続きになる家ー


ー小上がりの畳部屋ー

畳敷きスペースです。リビングより30cmあげているので、腰掛けることもできます。その下に引き出し収納を設けています。

DSC_0386
岡山市 I様邸 ーモザイクタイルの彩り 白いLDKの家ー

026
岡山市 K様邸 ー家族それぞれの場所 子育て支援の家ー

056_washitsu
倉敷市 T様邸 ー収納いっぱい 暮らしやすく片付く家ー

ー続き間の和室ー

住まいの洋風化にしたがって近年では施工のご希望が少なくなりましたが、根強い需要があります。居間や寝室として利用するため、親族などの集まりや応接のため、仏間や床の間のしつらえのためなどです。

061_washitsu
浅口市寄島町 M様邸 ー二間続きの和室 3世代の家ー 

009_washitsu
倉敷市玉島 K様邸 ー畳敷きのリビングでくつろぐ家ー

ー仏間・床の間・神棚ー

お仏壇を置いたり神棚をお祀りしている家では、建て替えの際も仏間や神棚をしつらえます。お仏壇や神棚がぴったりと収まるように設計します。外観に合ったモダンな畳の部屋は、若い世代のお施主様にニーズがあります。

027
吉備中央町 N様邸 ー南向きの広縁 丘に建つ平屋住宅ー

036_washitsu
浅口市寄島町 M様邸 ー耐震等級3 木造ガレージのある家ー

061_kamidana
浅口市寄島町 M様邸 ー二間続きの和室 3世代の家ー


ー現代的な床の間ー

階段下のスペースを利用した床の間は、階段に合わせて斜めに下がり壁を設け、アーチ状にデザインしています。下がり壁の向こうには間接照明をつけることもできます。

tokonoma
(左)倉敷市 T様邸 ー小屋裏収納と書斎のある家ー
(右)岡山市 Y様邸 ー目的別に収納 白いリビングの家ー


ー吊押入れー

押入れの下を開けたのが吊押入れで、部屋が広く感じます。 開けた部分は床の間風にしたりそのまま畳を敷くこともできます。
turioshiire